建築士法に基づく法定団体としてスタート
(社)大阪府建築士事務所協会は建築士法に定められた「建築士事務所の業務の適正な運営及び建築士事務所の開設者に設計等を委託する建築主の利益を図る」ことを目的とした団体として大阪府に届け出を行い、新たに平成21年1月5日をもって法定団体(法律に位置づけられた団体)としてスタートいたしました。

今後は建築士事務所協会でない団体がその名称中に建築士事務所協会という名称、建築士事務所協会の会員でない者が建築士事務所協会会員の文字を使うことが禁止されました。

上記、建築士法に定められた目的を達成するため、法定団体として具体的には以下の業務を行うことが法で決められています。

建築士事務所の業務に関し、設計等の業務に係る契約の内容の適正化その他建築主の利益の保護を図るため必要な建築士事務所の開設者に対する指導、勧告その他の業務
 
建築士事務所の業務に対する建築主その他の関係者からの苦情の解決
建築士事務所の開設者に対する建築士事務所の業務の運営に関する研修及び建築士事務所に属する建築士に対する設計等の業務に関する研修
その他その目的を達成するために必要な業務
このように当協会は建築設計監理業務において業界秩序の確立に向け大きな社会的な役割を担うことになりました。
「苦情の解決」業務の開始
前に述べている二の「苦情の解決」につきましては、当協会は建築主等から建築士事務所の業務に関する苦情の申し出があった場合、その相談に応じ、申出人に必要な助言をし、事情を調査するとともに、当該建築士事務所の開設者に対して苦情の内容を通知して迅速な処理を求めることになります。
■ 「苦情の解決」の申し出で 建築士事務所の業務に関して苦情を申し出でされる建築主およびその他の関係者の方は、苦情相談申込書を本協会事務局に提出してください。 事務局から別途所定の申し込み用紙を送付いたします。必要事項を記入のうえ提出いただきますと、当協会から面接日時を通知しますので、後日その時間においでいただきますと、専門の建築士が相談に応じます。 なお、係争中のものなど内容によっては対応できないものがありますので、下記の注意事項をよくご覧のうえ申し込まれますようお願いいたします。
建築士事務所業務に対する苦情の申出にあたっての注意事項(PDF)
申込書(様式1)(PDF)