あなたをまもり、夢を実現する設計・監理とは

 工事監理が欠陥住宅を防ぎます。

 

安全・安心なマイホームづくりのための4つのCHECK

 

工事監理者とは、あなたに代わって建築工事の着工から完成までを、専門的にチェックする建築士(資格者)のことです。
設計図書とは建築物(住宅等)の工事実施のために必要な図面類(配置図・平面図・各種伏図・各部詳細設計図等)及び仕様書のことです。
    
  建築物は、法に基づく検査(中間検査と完了検査)に合格する必要があります。
  
  工事監理者は後々のことも考えて、建築工事をチェックします。

 

 

マイホームが出来るまで

 

 

 

 

工事監理者の仕事

 

建築士法では、「その者の責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認すること」と定義されています。(建築士法第2条第六号)

その業務内容は、一般的に以下の通りです。

 

●施工計画の検討及び助言 

●施工図等の検討及び承諾 

●工事の確認及び報告

●設計図書の内容と異なるものが施工されていると判断した場合には施工者に注意を与え、建築主に報告する 

●工事監理報告書の作成 

●検査時の立会

小規模な建築物を除き、工事監理は建築士(資格者)しか行えないことになっております。

設計/施工を一括で契約する場合でも、別途工事監理の契約を結ぶことや、第三者の建築士へ依頼することが重要です。
尚、依頼に関しては別途費用が必要となります。