ホーム > 協会概要 > 会長挨拶

会長挨拶

(一社)大阪府建築士事務所協会 会長 佐野 吉彦

 大阪府建築士事務所協会は、昭和52年の設立以来、一貫して建築士事務所の資質の向上・倫理観の醸成・業務環境の整備等に取り組んできました。現在、本協会は、建築士と管理建築士の定期講習の推進と運営、建築士事務所登録・年次報告業務のサポート、建築CPD情報提供制度や大阪・優良工事監理建築事務所制度の普及・実施、建築相談、最新の技術にかかわる学習の機会提供、次の時代を担う後進の人材育成などに携わっています。平成25年からは「公益法人改革関連法」に基づく一般社団法人として新たなスタートをしました。平成27年の建築士改正を大きな力とし、昨年の省エネ法の施行、現在進められている業務報酬規準(告示15号)改正検討、働き方改革や建築生産性改革の本格化などの動きなどをふまえ、建築士事務所が健全に発展するために、専門家の資質向上のために、消費者からの継続的信頼の基盤をより強固にするために、積極的に活動してまいります。

 一方で、我が国は地震などの自然災害を克服しながら歩んできました。2011年の東日本大震災、それに続く熊本の地震などを乗り越え、地域が未来に対する希望とともに生き続けることの重要さは日本全体に共通しています。私たちの大阪においても同様で、府民にとって安全で信頼できる建築、経済・文化活動を支えるための建築を実現することが重要です。低炭素化をはじめとする環境目標を達成とサステナブルな建築の実現、美しい街並みや歴史的建造物などの大阪らしい景観要素をこれからのまちづくりに活かすこと、住まい・まちづくり教育プロジェクトを通して少年少女たちに建築のメッセージを伝えることなど、私たちは技術者としての知見・経験を活かして取り組んでまいります。ぜひ私たちの活動にご注目いただき、またさまざまな活動にご参加ください。

 大阪府建築士事務所協会は、大阪らしい柔軟な発想と実行力を備えた専門家ネットワークです。地域のために貢献する専門家として着実に取り組みながら、建築士事務所にとっての適切な業務環境・報酬基盤の確立といったアピールも行政や社会に対して引き続きおこなってゆきます。それらは結果的には府民・消費者の日常にとって益をもたらすもの、社会の発展を支えるものと確信しているからです。最後に、この協会の活力を支え推進するためには、幅広い知恵と経験を持った専門家の積極的な活動参画が重要です。ぜひ建築士事務所の皆様には、大阪府建築士事務所協会の仲間に加わりませんか。入会を心からお奨め・お誘い申し上げます。