会長挨拶

 (一社)大阪府建築士事務所協会 会長 佐野 吉彦

 

 大阪府建築士事務所協会は、建築士事務所の資質の向上・倫理観の醸成・業務環境の整備等に取り組んでいます。平成25年度は「公益法人改革関連法」に基づく一般社団法人として平成25年4月から新たなスタートを切りました。これまで同様、建築士事務所が健全に発展するために、消費者からの継続的信頼の基盤をより強固にするために、8つの支部に属する会員ひとりひとりが専門家としての技量を磨きながら、積極的に活動します。

 

 各都道府県にある建築士事務所協会は、長年にわたる活動の実績を基盤としながら、2009年(平成21年)から改正建築士法に基いた法定団体として責任ある立場となりました。現在、大阪府建築士事務所協会は、建築士と管理建築士の定期講習の推進と運営、建築士事務所登録・年次報告業務の明確化をサポートする大阪建築登録センターの運営、建築CPD情報提供制度や工事監理ガイドラインなどの制度の普及・実施、建築相談、最新の技術にかかわる学習の機会提供、次の時代を担う後進の人材育成など、地域のために貢献する専門家として着実に取り組んでいます。あわせて、建築士事務所の権限と果たすべき責任の明確化、適切な業務報酬基盤の確立といったアピールもおこなっていますが、それらすべては府民・消費者の日常にとって益をもたらすものと確信しています。

 

 ところで、我が国は地震などの自然災害を克服しながら歩んできた国です。2011年の東日本大震災からの復旧復興が急がれますが、安全で弾力性のある地域再生は日本全体にとって急務です。われわれは東北の人々への技術的・精神的支援を継続する一方で、大阪におけるリスクマネジメントを意識しながら、府民にとって安全な建築、経済・文化活動を支えるための建築を実現することが重要と考えています。また、低炭素化をはじめとする環境目標を達成し、サステナブルな建築を実現すること、受け継がれてきた美しい街並みや歴史的建造物などの大阪らしい景観要素をこれからのまちづくりに活かすことなど、技術者としての知見・経験を活かして取り組みます。  

 

 大阪府建築士事務所協会は、大阪らしい柔軟な発想と実行力を備えた専門家ネットワークです。その活力を支え推進するためには幅広い知恵と経験を持った会員が積極的に活動参画することが必要と考えています。ぜひ専門家の皆様には、大阪府建築士事務所協会への入会もあわせてお奨め・お誘いいたします。